×
CATEGORY

整形外科的疾患

  • 2022年10月26日
  • 2022年10月3日

カンジダ症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

カンジダ症は、カビ菌(真菌)の一種が体の表面に感染して、その部位に赤みやかゆみ、痛みなどの症状を呈する病気を指しています。例えば、口腔や咽頭粘膜、食道、皮膚、膣などの陰部に発症することもあり、乳児から高齢者まで幅広い年代に認められる疾患であるために一定の注意を払う必要があります。

  • 2022年10月14日
  • 2022年10月3日

開放骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

開放骨折とは、骨折した際に皮膚が破れて、骨組織が皮膚外に露出する状態を指します。開放骨折では、患部の痛み、出血、腫れを認め、さらに全身の各部位に損傷合併を認める際には、大量に出血を呈して血圧低下の状態に陥る、あるいは肺を損傷している場合には息苦しさや呼吸困難といった自覚症状を覚えることもあります。

  • 2022年10月11日
  • 2022年10月3日

慢性腰痛症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

慢性腰痛症はいまや国民病とも捉えられる一般的なcommon disease であると考えられています1)。慢性腰痛症とは、基本的には3か月以上継続して認められる腰痛症状のことを指しており、発症期間にもとづいて、発症後1か月以内であれば急性腰痛症、そして3か月以上症状が続く場合には慢性腰痛症に分類されます。

  • 2022年9月29日
  • 2022年8月30日

舌癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

舌がんはその名の通り、舌に形成される悪性腫瘍であり、舌以外にも、歯茎、上顎部、頬部粘膜などに認められる口腔がんのひとつのタイプと認識されています。舌という組織は咀嚼、構音、嚥下などを含む口腔機能に重要な役割を有しています1)。

  • 2022年9月26日
  • 2022年8月30日

膝靱帯損傷を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

膝関節は、大腿骨、脛骨および腓骨、また膝蓋骨などが組み合わさって形作られており、日常生活において安定して自由な伸展運動などがスムーズに実行できるように複数個の靭帯などを始めとする周囲の構造物が補助するように働いています。これらの膝を形成している人体組織である膝の靭帯がスポーツなどの外傷要因に伴って異常をきたして損傷を

  • 2022年9月16日
  • 2022年8月30日

巻き爪を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「巻き爪」という言葉は日常的に多くの方が使用されていますが、爪が単純に巻いているというだけでは一般的には患部に強い痛みを自覚しません。爪のまわりの辺縁部分がその横に位置する皮膚(爪郭と呼ばれる部位)にもぐり込んで、爪の組織自体が周辺皮膚部を強く圧迫しだすと特に強度の痛みが生じることになります。

  • 2022年9月4日
  • 2022年7月13日

変形性股関節症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

変形性股関節症は、股関節を構成する骨が変形し関節軟骨の減少などに伴って股関節部の痛みや動きに少なからず制限が生じて日常生活に支障が現れる病気です。加齢に従って、股関節部痛などの症状が少しずつ悪化することもあり、適切なタイミングで定期的に専門医に受診して経過を観察して症状がひどい場合には確実に治療を受けることが重要な観点です。