CATEGORY

整形外科的疾患

  • 2022年9月29日
  • 2022年8月30日

舌癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

舌がんはその名の通り、舌に形成される悪性腫瘍であり、舌以外にも、歯茎、上顎部、頬部粘膜などに認められる口腔がんのひとつのタイプと認識されています。舌という組織は咀嚼、構音、嚥下などを含む口腔機能に重要な役割を有しています1)。

  • 2022年9月26日
  • 2022年8月30日

膝靱帯損傷を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

膝関節は、大腿骨、脛骨および腓骨、また膝蓋骨などが組み合わさって形作られており、日常生活において安定して自由な伸展運動などがスムーズに実行できるように複数個の靭帯などを始めとする周囲の構造物が補助するように働いています。これらの膝を形成している人体組織である膝の靭帯がスポーツなどの外傷要因に伴って異常をきたして損傷を

  • 2022年9月16日
  • 2022年8月30日

巻き爪を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「巻き爪」という言葉は日常的に多くの方が使用されていますが、爪が単純に巻いているというだけでは一般的には患部に強い痛みを自覚しません。爪のまわりの辺縁部分がその横に位置する皮膚(爪郭と呼ばれる部位)にもぐり込んで、爪の組織自体が周辺皮膚部を強く圧迫しだすと特に強度の痛みが生じることになります。

  • 2022年9月4日
  • 2022年7月13日

変形性股関節症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

変形性股関節症は、股関節を構成する骨が変形し関節軟骨の減少などに伴って股関節部の痛みや動きに少なからず制限が生じて日常生活に支障が現れる病気です。加齢に従って、股関節部痛などの症状が少しずつ悪化することもあり、適切なタイミングで定期的に専門医に受診して経過を観察して症状がひどい場合には確実に治療を受けることが重要な観点です。

  • 2022年9月1日
  • 2022年7月13日

足底腱膜炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

足底腱膜炎という病気は、あまり聞き慣れないかもしれませんが足底腱膜と呼ばれる足の裏側に存在している腱膜の組織が何かしらかの原因によって炎症を起こす状態です。足底腱膜炎を発症すると足の衝撃が吸収されにくくなり足裏が痛くなる、あるいは足を蹴り出して歩く、走るなどの動作時において足底部の力学的バランスが悪化することが知られています。

  • 2022年8月24日
  • 2022年7月20日

五十肩を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

五十肩は、肩関節にある腱板組織が損傷して関節包領域まで炎症が広がることによって発症し、その背景には、加齢に伴って筋肉や腱などの筋骨格系組織における柔軟性や伸展性が失われて健常に動作できなくなることが存在すると考えられています。五十肩になると、肩甲骨と上腕骨で構成されている肩関節部に痛み症状が出現するため、腕を色々な方向に挙上するような動作が難しくなります。特に肩関節を外側に回旋させる際には強い疼痛を自覚することになり、いつも行っている簡単な動作が難しくなり日常生活に重大な支障をきたして不便を感じる場合も少なからず存在します。

  • 2022年8月21日
  • 2022年7月13日

腱板断裂を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

腱板断裂は上腕骨と肩甲骨をつないでいる腱組織が断裂して切れてしまう状態を指しており、通常では肩に力が入りにくく痛みが長期的に継続することが認められるために適切に治療介入する必要があります。そして、これまでの数々の研究においてマグネシウムというミネラル成分の摂取量が減少することで腱板断裂を含めて様々な疾患に陥りやすいと考えられるようになってきましたが、我が国では日常生活内で前向きにマグネシウムを摂取している方は少ないようです。一方では、近年において効率よく簡便にマグネシウム成分を補うことができるマグネシウムサプリメントやマグネシウムクリームという製品を日常的に活用する人も数多く存在しています。

  • 2022年7月16日
  • 2022年6月12日

オスグッド・シュラッター病を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

オスグッド・シュラッター病という病気は普段あまり聞き慣れないかも知れませんが、脛骨結節部という膝の皿の部分である膝蓋骨下に存在している骨構造物が飛び出してくることで膝痛が引き起こされる状態です。この疾患は、患部が赤く腫れあがる、あるいは熱感を認めることもあって、傾向的には成長期に該当する少年などに発症しやすいスポーツ障害のひとつであり、特にサッカーや陸上、バスケットボールなどの競技者においてよく遭遇する病気と考えられています。