CATEGORY

  • 2022年8月13日
  • 2022年7月7日

尿道腫瘍を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

一般的に、尿道腫瘍には良性と悪性の2種類があり、比較的よく遭遇する尿道腫瘍のひとつに良性腫瘍である尿道カルンクルがあります。尿道カルンクルは通常であれば閉経後女性に発生する尿道部の良性腫瘍であると言われています1)。尿道カルンクルは尿の出口である外尿道口の6時方向に形成されやすい腫瘍であり、高齢女性に罹患する方が多いとされていますが、特に有意な症状がない限りは積極的な治療を必要としません。そして、これまで積み重ねられてきた知見から、マグネシウムの欠乏が急性心筋梗塞や脳血管疾患などの生活習慣病に加えて尿道腫瘍を含む腫瘍性疾患の発症などに関与していることが判明しつつあります。

  • 2022年8月3日
  • 2022年6月12日

胆嚢癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

胆嚢癌とは、胆汁を肝臓から十二指腸に運ぶ管である胆管の途中で枝分かれした場所にある袋状の臓器を意味する胆嚢に形成される悪性腫瘍のことを指しています。一般的に、胆嚢癌は自覚症状に乏しいと言われており、早期癌は胆石症の手術で偶然に見つかることも多いとされています1)。

  • 2022年7月30日
  • 2022年6月12日

乳癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

乳癌は豊富な脂肪組織内に乳汁分泌を担っている乳腺組織が含まれる乳房領域に発生する悪性腫瘍のことを指しています。乳房自体は女性で発達している器官であり、乳腺組織は乳汁を作る小葉と乳汁の通り道で小葉と乳頭間を走行している乳管で構成されます。

  • 2022年4月16日
  • 2022年3月22日

膵臓癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

膵臓という臓器は腹部の背中側に位置しており、万が一膵臓癌を発症しても初期段階では自覚症状が乏しく発見されにくい疾患と言われています。膵臓癌は早期から周囲の組織を破壊しながら進行していくため、腹部や背部の疼痛症状、食欲不振などの症状が現れて検査を受けた段階ではすでにかなりステージが進んだ状態である場合も決して少なくなく、発見された時点で手術切除が可能なケースは稀です。

  • 2022年3月23日
  • 2022年3月22日

腎臓癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

腎臓癌とは、通常尿を産生して体内の不要物や老廃物を排出する役割を担っている腎臓という臓器に形成される悪性腫瘍を意味しています。一般的に、この疾患は女性よりも男性により発症率が高く、近年は罹患する患者数が増加傾向であると言われています。そして、マグネシウムは生体内で様々な反応に関係する必須電解質のひとつであり、生体内ではそのほとんどが骨、筋肉、軟部組織などに存在しているミネラルです1)。

  • 2022年2月22日
  • 2022年2月3日

子宮体癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

良く勘違いされやすいのですが、同じ子宮臓器に生じる子宮頸がんとは腫瘍が発生する場所が異なっており、それらの疾患の原因や治療の方向性などが全く別の病気になります。2017年の段階で約1万人を超える方が「子宮体がん」と診断されており、患者数そのものでは子宮頸がんを上回ります。

  • 2022年1月24日
  • 2022年1月18日

子宮頸癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

子宮頸がんは早期の段階で自覚症状が出現することはほとんどなく、かなり進行してから不正性器出血や悪臭を伴う織物などのサインが認められるようになります。子宮頸がんは主に性行為を介してヒトパピローマウイルスに感染することで引き起こされる疾患であるため、性行為の際にはコンドームを使用する、あるいは不特定多数との性行為を控えるなど普段から意識して心がけることが重要です。