×
CATEGORY

妊婦・妊娠

妊娠は、人間の生活の中で最も重要な時期の一つです。 体に大きな負担がかかるこの時期は、マグネシウムがより必要とされ、マグネシウム摂取により妊婦の様々な負担を軽減することが分かっています。 こむら返り、筋痙攣、赤ちゃんの体重増加と健康、その他様々な妊娠合併症などにマグネシウムは関わっています。

  • 2022年4月6日
  • 2022年3月22日

まだ間に合う!?切迫早産を予防するためにやっておくべきこと

「切迫早産」とは、早産が切迫した状態であることを意味しており、本邦では妊娠22週0日から妊娠36週6日までに出産することを早産と定義して呼んでいます。切迫早産は、子宮収縮があること、そして子宮頸管が開大しているという2点を満たしている状態を指しています。一般的には、子宮頸管と呼ばれる部位では妊娠中に胎児を子宮内にしっかりととどめておくために重要な役割を果たしており、外部から細菌などが侵入して来ないような構造になっているのが正常です。

  • 2021年12月20日
  • 2021年12月15日

まだ間に合う!?妊娠高血圧症候群を予防するためにやっておくべきこと

日本産科婦人科学会によれば、「妊娠高血圧症候群」はいわゆる妊娠20週以降に高血圧兆候が認められて分娩後12週までに改善するケース、あるいは妊娠前からの高血圧状態に蛋白尿を合併する場合のいずれかであるという定義が規定されています。医学研究が進んでいくにつれて特に高血圧が母体や胎児に格段の悪影響を及ぼすことが判明してくると共に、2005年4月に「妊娠高血圧症候群」という病名を名付けて、高血圧の基準として収縮期血圧140mmHg以上、或いは拡張期血圧90mmHg以上と定めました。

  • 2021年12月3日
  • 2021年12月3日

妊婦がマグネシウムを摂取する意義

これらの妊娠初期における妊婦さんの体調不良には、主にビタミンやミネラルの不足も大きく影響していると言われています。そして、妊娠中に特に重要になる栄養素には、葉酸やビタミンB群、そして鉄分に加えてカルシウムやマグネシウムなどが挙げられます。妊娠期には、ホルモンの分泌が通常期と異なるため、妊婦さんのカルシウム代謝に大きな影響を与え、胎児の骨成分を作るために母体のカルシウム量が減少して、骨が脆弱になりやすくなります。

  • 2021年11月28日
  • 2021年11月17日

妊娠悪阻にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

妊娠悪阻とは、一般的に妊娠初期に頻回な吐き気や嘔吐が生じることで体内から水分や電解質が失われると同時に、妊婦さんにとって生体の恒常性を維持するために必要なエネルギーや栄養素を十分に補うことができなくなる病気を指します。妊娠中の栄養補給の有無は胎児の発育に大きな影響を与えると考えられており、母体内で十分なミネラル成分の栄養をもらって産まれてきた場合とそうでないケースにおいては、身体的ならびに精神的に一定の差があることが知られています。

  • 2021年11月23日
  • 2021年11月2日

マタニティブルーズにならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

マタニティブルーズとは、一般的には産褥期に見られるとされる軽度の抑うつ症状や精神的な不安定さ、あるいは涙もろさなどを主症状とする一過性の症候群を指します。この疾患では、主に産後3~5日頃に最も症状が現れやすく、通常では産後数週間が経過すれば自然と状態が改善していくことが多く、約3割の女性が経験すると伝えられています。マタニティブルーズは出産後に誰にでも発症する可能性があり、予防方法があるならば知っておいて損はないだろうと考えます。

  • 2021年9月2日
  • 2021年8月23日

若年女性がマグネシウムを摂取する意義

精神的にも不安定になりやすい妊娠期に妊娠悪阻を何とか改善したい、あるいは元気な赤ちゃんを無事に出産したい若年女性の方はマグネシウムをはじめとするミネラル摂取を意識した快適な日常生活を過ごせるように工夫しましょう。そして、若年女性では頭痛やうつ症状と上手に付き合っていくために、食事内容やサプリメントをうまく活用することによって症状を軽快させて実り多い生活を送りましょう。

  • 2021年8月3日
  • 2021年7月30日

マグネシウムクリームとエプソムソルト

【はじめに】 御存知の方も多いと思いますが、マグネシウムは人体に必須のミネラルです。 マグネシウムは生体内で4番目に多いメジャーなミネラルであり、人間の生体内には約20~30グラムのマグネシウム成分が […]

  • 2020年6月24日
  • 2020年7月14日

妊婦・妊娠中の理想の体重管理

妊婦・妊娠中の体重について 特に第一子の場合は、妊娠時の体重管理をどうしていいのか分からず、つわりに悩み、ついつい食べ過ぎたり、その逆であまり食べられなかったりと、体重管理に悩まれる方が多いのが現状で […]