CATEGORY

マグネシウムの重要情報

これらの記事は、マグネシウムの効果効能について、そして、マグネシウム欠乏症・マグネシウムの働き・その他マグネシウムに関する情報などを理解する上で重要な情報です。

  • 2022年6月13日
  • 2022年6月8日

マグネシウムとビタミンDの併用サプリメントがビタミンDの状態、全身性炎症、および血圧に及ぼす影響:無作為化二重盲検対照試験

目的:ビタミンDとマグネシウムの乏しい状態は、太りすぎで肥満の人に見られ、それらの状態は心血管疾患のリスクが上昇させることがよくあります。 マグネシウムは、ビタミンDの代謝を助ける補助因子です。 マグネシウムとビタミンDを組み合わせたレジメンの有効性をビタミンD単独群と比較して、血清25-ヒドロキシビタミンD(25OHD)濃度の増加、そしてこれらのサプリメントが心臓代謝の結果に及ぼす影響について評価することを研究目的としました。

  • 2022年6月7日
  • 2022年6月8日

COVID-19によるマグネシウム対カルシウム比と死亡率

背景:COVID-19患者で頻繁に起こる肥満、2型糖尿病、動脈性高血圧、免疫応答の低下、サイトカインストーム、内皮機能障害、および不整脈は、低マグネシウム血症と関連しています。 目的:マグネシウムとカルシウムに関する細胞流入と流出が同じトランスポーターを含むことを考慮して、血清マグネシウム対カルシウム比と重度のCOVID-19による死亡率との関連を評価することを今回の研究では目標としました。

  • 2022年5月25日
  • 2022年5月20日

塩化マグネシウムの体内吸収に関する知見

【はじめに】 マグネシウム (元素記号:Mg) と微量元素は生命活動において重要であり必要不可欠な成分であると考えられています。 マグネシウムというのは基本的には食事から経口的に摂取する必要がある栄養 […]

  • 2021年12月7日
  • 2021年12月3日

マグネシウムを有効的に摂取する方法

マグネシウムは、生体内のホメオスタシスの維持調節に深く関わっており、普段から摂取不足にならないようにすることが数々の病気の予防につながります。 また、マグネシウム製剤は腎機能が顕著に悪化している場合を除いては長期服用しても副作用は比較的少なく、かつ経済性や安全性に優れているので必要量を積極的に摂取するように心がけましょう。

  • 2021年8月25日
  • 2021年8月20日

マグネシウムはどのように身体に影響するのか

こうしたマグネシウムが関与している生理的な役割としては、例えば蛋白質の合成や神経伝達物質の制御などが挙げられ、他にも心機能状態の維持、筋収縮などにも重要な関与をしていると言われています。ですから、マグネシウムが生体内で足りなくなると低マグネシウム血症が引き起こされるリスクが高まり、さらに低カルシウム血症が助長されて、骨粗鬆症や冠動脈狭窄などの虚血性心疾患、あるいは筋肉部位の痙攣や不整脈、そして下痢や便秘などの腹部症状が現れます。 

  • 2021年8月23日
  • 2021年11月8日

マグネシウムのサプリは効果的なのか

【はじめに】 マグネシウムは体内に多く含まれているミネラルの一種であり、一部の食物にも含有されています1)。 一方で、他の食物にあらかじめ添加されている場合や、一部の医薬品にも配合されているケースもあ […]

  • 2021年8月3日
  • 2021年7月30日

マグネシウムクリームとエプソムソルト

【はじめに】 御存知の方も多いと思いますが、マグネシウムは人体に必須のミネラルです。 マグネシウムは生体内で4番目に多いメジャーなミネラルであり、人間の生体内には約20~30グラムのマグネシウム成分が […]

  • 2021年8月2日
  • 2021年7月30日

マグネシウムクリームの効果

【はじめに】 さて御存知の通り、マグネシウム (Mg) と微量元素は生命活動において重要であり必要不可欠な成分です。 ミネラルというのは基本的には食事から経口的に摂取する必要がある栄養素の一種です。 […]