×
CATEGORY

生活習慣病

  • 2021年12月26日
  • 2021年12月15日

淋菌感染症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

淋菌は、性感染症の病原体のひとつとして本邦でも従来から注目されている病気であり、世界では年間で1億人前後の新規発症例があると言われているほどメジャーな疾患です。特に我が国では、性活動の活発な年齢層である20代から30代の男性を中心に年間1万件ほどの発症報告例があり、淋菌感染症は同時にHIV感染のリスクを高めるとも考えられている観点からも事前に予防策を講じることが重要です。

  • 2021年11月30日
  • 2021年12月3日

アルコール依存症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

いったんアルコール依存症を抱えてしまうと、仮に治ったとしてもまたお酒を飲んでしまうことが多いためにスムーズな社会復帰が難しいと言われています。だからこそ事前に家族や医療者が介入して、患者さん自身へお酒の飲み方や過剰飲酒に伴うリスクに対する啓蒙活動からしっかりと始める必要があります。