×
CATEGORY

その他

  • 2021年12月26日
  • 2021年12月15日

淋菌感染症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

淋菌は、性感染症の病原体のひとつとして本邦でも従来から注目されている病気であり、世界では年間で1億人前後の新規発症例があると言われているほどメジャーな疾患です。特に我が国では、性活動の活発な年齢層である20代から30代の男性を中心に年間1万件ほどの発症報告例があり、淋菌感染症は同時にHIV感染のリスクを高めるとも考えられている観点からも事前に予防策を講じることが重要です。

  • 2021年11月25日
  • 2021年12月3日

性感染症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

性感染症は、いわゆるセックスをはじめとする性行為などによって感染する病気のことを総称して指します。現在では法改正により、「性感染症」という名称や「STD(「Sexually Transmitted Diseases」の頭文字)」という名称で呼ばれるようになってきました。また、性行為で感染するという意味合いを込めて、この病気を総称して、性感染症(STI Sexually Transmitted Infection の略)と言うこともあります。性感染症は、治療が遅れるほど治りにくくなるため、早期発見、早期治療が大切です。

  • 2021年11月19日
  • 2021年12月3日

あかぎれ(亀裂性湿疹)にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

この亀裂性湿疹という病気は、通常では手指の乾燥や水仕事が多い職場、あるいは冬場の寒い環境などを契機として引き起こされます。この疾患になると、手のひび割れ、また皮膚からの出血、痛みなどの症状がみられることがあり、成人だけでなく若い方や子供にもみられる可能性があります。亀裂性湿疹を放置したままにすると、傷の部分がきれいに治癒するまでに長期的な時間を要するようになるために、早い段階で医療機関を受診して早期的に対応策を講じることが必要です。

  • 2021年11月16日
  • 2021年12月3日

帯状疱疹にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

帯状疱疹に万が一罹患した場合には、その中心的な対策としては原因となる水痘帯状疱疹ウイルスに特化したアシクロビルやバラシクロビルなどの抗ウイルス薬を投与する治療方法が挙げられます。またそれらの抗ウイルス薬にくわえて、帯状疱疹は強い痛みを伴うことが多く、一般的な鎮痛剤では対処できないことが多く認められます。その場合には、麻薬や脊髄神経ブロックなどを組み合わせた治療内容が必要とされるケースもありますし、さらに重症化して入院治療が必要になる人もいます。

  • 2021年10月22日
  • 2021年12月3日

口内炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

口内炎の症状は、その原因によって大きく異なります。口内炎の多くは口腔内や口唇部、そして舌部に数ミリ程度の円形や類円形の病変が散在して、水疱や潰瘍、びらん、白苔などの粘膜異常を合併することもあります。そして、ミネラルの一種であるマグネシウムはそんな口内炎に改善効果を発揮します。唾液の中にある免疫機構がマグネシウムを栄養にして働くと言われているため、口の中の抗菌力を上昇させることができ、口内炎を早く治すことができるのです。

  • 2021年8月11日
  • 2021年12月3日

マグネシウムクリームと熱中症

【はじめに】 さて、本格的な夏のシーズンには熱中症にならないように注意が必要です。 熱中症は一歩間違えれば生命にかかわる重大な病気ですが、予防法を正しく知って理解していれば防ぐことができます1)。 真 […]