×
CATEGORY

内科的疾患

  • 2022年12月4日
  • 2022年11月10日

粉瘤を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

粉瘤は、垢成分や皮膚の皮脂成分などを始めとする老廃物が皮膚に溜まって形成される良性腫瘍であり、皮膚腫瘍の中で最も高頻度にみられると言われています1)。そして、これまで積み重ねられてきた知見から、マグネシウムの欠乏が急性心筋梗塞や脳血管疾患などの生活習慣病に加えて粉瘤を含む腫瘍性疾患の発症などに関与していることが判明しつつあります。

  • 2022年11月26日
  • 2022年10月5日

副鼻腔気管支症候群を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

副鼻腔気管支症候群は、慢性的に何度も繰り返して上気道と下気道の領域に炎症を惹起する病気です。本疾患や慢性気管支炎、気管支拡張症など気管支周囲に慢性炎症が継続する病気においては、慢性副鼻腔炎など上気道における炎症所見も合併しやすいと言われています。

  • 2022年10月17日
  • 2022年10月3日

誤嚥性肺炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

誤嚥性肺炎とは、食べ物や唾液など本来であれば気管に入ってはいけない異物が気管に迷入することで引き起こされる肺炎のことであり、特に高齢者に多い疾患であると指摘されています。一般的には、加齢に伴う老化、脳血管障害の後遺症、もともと神経疾患に罹患している人などが、物を飲み込む嚥下機能や咳をする力が弱まることによって発症しやすくなる病気と認識されています。

  • 2022年10月2日
  • 2022年8月30日

インフルエンザウイルス感染症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

いわゆる世間で言うインフルエンザ(英語表記:influenza)とは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる気道感染症です。いまだに現代においても人類にとって最大級に注意を払う必要がある疫病であり、インフルエンザ流行が顕著であれば特に高齢者層を中心としてインフルエンザウイルス感染症による死亡者数や肺炎に伴う死亡者数が増加することが指摘されています。

  • 2022年9月24日
  • 2022年8月30日

胃潰瘍を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

胃潰瘍は、主にピロリ菌による感染、もしくは解熱鎮痛薬のひとつである非ステロイド系抗炎症薬の長期間の内服などによって胃の粘膜がただれる状態を意味します。それ以外にも、胃潰瘍では喫煙や飲酒、過剰なストレス、刺激物の摂取などによって引き起こされる胃壁の粘膜障害も認められます。

  • 2022年9月21日
  • 2022年8月30日

逆流性食道炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

逆流性食道炎は、従来では日本人に少ない病気でしたが、近年の食生活の変化などによって、最近患者数が増加しており、強い酸性を呈する胃液や胃で消化される段階である食べ物が食道に逆流して炎症を引き起こすことによって胸やけや胸痛など色々な症状を自覚します。本疾患は成人の約15%前後が罹患していると推定されており、特に中高年や高齢者に多く発症し、適切な治療を受けない場合は胸やけ症状などが持続することで日常生活に少なからず支障をきたすようになります。

  • 2022年9月19日
  • 2022年8月30日

感染性腸炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

感染性腸炎という病気は病原微生物が主に人体の腸管内に侵入したのちに増殖して下痢や腹痛などの症状を引き起こす疾患です。細菌やウイルスによって発症する感染性腸炎は病原体が増殖する腸管の場所によって、大きく小腸型と大腸型に分類されて、その感染部位によって自覚される症状がある程度決まると言われており、特に下痢症状はほぼ必発です。