CATEGORY

内科的疾患

  • 2022年7月27日
  • 2022年6月12日

大腸ポリープを予防するのに今マグネシウムが注目されている?

大腸ポリープとは、大腸の粘膜部がイボ状に盛り上がって隆起し、大腸内側の部分に突出した病変を指しています。一般的には、40歳以降の中年層に多く認められる疾患であり、ポリープが高確率で発生する部位としては大腸の中でも直腸やS状結腸と言われており、その大きさは数mm大のものから数cmに及ぶものまで様々です。

  • 2022年6月13日
  • 2022年6月8日

マグネシウムとビタミンDの併用サプリメントがビタミンDの状態、全身性炎症、および血圧に及ぼす影響:無作為化二重盲検対照試験

目的:ビタミンDとマグネシウムの乏しい状態は、太りすぎで肥満の人に見られ、それらの状態は心血管疾患のリスクが上昇させることがよくあります。マグネシウムは、ビタミンDの代謝を助ける補助因子です。マグネシウムとビタミンDを組み合わせたレジメンの有効性をビタミンD単独群と比較して、血清25-ヒドロキシビタミンD(25OHD)濃度の増加、そしてこれらのサプリメントが心臓代謝の結果に及ぼす影響について評価することを研究目的としました。

  • 2022年6月7日
  • 2022年6月8日

COVID-19によるマグネシウム対カルシウム比と死亡率

背景:COVID-19患者で頻繁に起こる肥満、2型糖尿病、動脈性高血圧、免疫応答の低下、サイトカインストーム、内皮機能障害、および不整脈は、低マグネシウム血症と関連しています。目的:マグネシウムとカルシウムに関する細胞流入と流出が同じトランスポーターを含むことを考慮して、血清マグネシウム対カルシウム比と重度のCOVID-19による死亡率との関連を評価することを今回の研究では目標としました。