CATEGORY

内科的疾患

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月3日

急性胃炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

食生活の乱れやストレスなどが原因となる急性胃炎にならないために、胃にやさしい生活を極力送るように常日頃から認識しておきましょう。そして、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、特に現代の人々における心身の健康のために欠かせない代表格が、「マグネシウム」であると言われています。マグネシウムは生体内の約300種類の酵素をサポートする補助酵素としての重要な役割を果たしていることは周知の事実です。

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月3日

腎盂腎炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

主な原因として細菌が膀胱から尿の流れとは逆行性に侵入することによって生じる感染症です。いわゆる腎盂と呼ばれる部位は、腎臓と尿管の接続部分のことを指します。一般的には腎臓で作られた尿は腎杯を経由して腎盂に集まり、さらに尿管から膀胱へと流れていきますが、通常は無菌状態です。ところが、腎盂腎炎では膀胱炎の後に起こることが多く、多くは左右対にある腎臓のうち、片方に細菌が繁殖して起こります。

  • 2021年11月22日
  • 2021年12月3日

冠攣縮性狭心症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

この病気になると、心臓の冠動脈(いわゆる心臓や心筋に酸素と栄養を供給する血管)が一時的にけいれん様変化を起こして心臓に十分な血液がフィーディングされなくなるので胸痛発作が生じることになります。通常の狭心症では運動時や労作時に症状が出ることが多いですが、その一方で冠攣縮性狭心症という疾患では就寝中や安静時においても胸の痛みや胸部違和感などの症状が出現する点が特徴的と言えます。

  • 2021年11月20日
  • 2021年12月3日

肝硬変にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

肝臓はその一部が線維化して働けなくなってしまっても、残っている細胞が代わりに機能を受け持つことで、しばらくは自覚症状がほとんど出ませんので、症状の出現に気づいた時には肝硬変がかなり進行していたというケースも決してめずらしくありません。肝硬変では、肝臓の様々な病気やお酒などの影響によって肝臓の細胞が破壊され続けることで肝臓の細胞が繊維のように硬くなり、肝臓の表面がごつごつとした組織のように変化します。

  • 2021年9月21日
  • 2021年12月3日

メタボリックシンドロームを抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

メタボリックシンドロームは日々の運動不足、日常的に偏った食生活、また睡眠不足など生活リズムの乱れやストレス、喫煙歴といった好ましくない生活習慣が積み重なることによって生じます。特に偏った食事に関しては、メタボリックシンドロームの発症に大きく関わっており、適正カロリー数をオーバーした食事内容や脂質・糖質・塩分の多い食事スタイルには十分注意しましょうね。また、メタボリックシンドロームは、好ましくない生活習慣によって内臓脂肪が蓄積されてしまうことが大きな原因となっています。

  • 2021年9月19日
  • 2021年12月3日

高血圧を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

実際には現代を生きる人々においては慢性的にマグネシウム不足している現実があり、その現実が生活習慣病の中でも特に高血圧という疾患を発症する大きなリスク因子になっていることが解明されつつあります。人生100年時代というこの世界で、食生活の変化や身体活動の減少によって高血圧を中心として生活習慣病のリスク因子が集積する疾患の増加とその健康被害が懸念されています。マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。

  • 2021年9月8日
  • 2021年12月3日

急性冠症候群を抱えた高齢者がマグネシウムを摂取する意義

冠動脈が動脈硬化を起こすと、脂質異常症のみならず高血圧などが誘因となって形成される冠動脈の硬化性変化に伴って冠状動脈の血行障害が起こり急性冠症候群を発症することに繋がります。急性冠症候群の予防や治療については、まずは基本的には日々の生活習慣スタイル、つまりマグネシウムなどのミネラルを意識した食事内容と定期的な運動による改善という観点を中心に行います。