×
CATEGORY

精神・神経疾患

  • 2022年10月8日
  • 2022年9月27日

開放骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

開放骨折とは、骨折した際に皮膚が破れて、骨組織が皮膚外に露出する状態を指します。開放骨折では、患部の痛み、出血、腫れを認め、さらに全身の各部位に損傷合併を認める際には、大量に出血を呈して血圧低下の状態に陥る、あるいは肺を損傷している場合には息苦しさや呼吸困難といった自覚症状を覚えることもあります。

  • 2022年10月5日
  • 2022年9月27日

味覚障害を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「味を感じにくい」、あるいは「変な味がする」など味覚の変化として自覚しやすい「味覚障害」は、一般的に高齢者に多く認められる症状ではありますが、ストレスや偏食などの影響に伴って若年層でも引き起こすことがあります。年間24万人の患者が味覚障害を事由にして医療機関を受診すると言われており、高齢化が進むにつれて味覚障害自体がフレイルを引き起こす原因になることから、今後にかけて味覚障害における診療ニーズはますます増加していくと考えられています1)。

  • 2022年8月28日
  • 2022年7月13日

ひきこもりを予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「ひきこもり」とは、家族以外との人間関係が途絶されて、社会参加や地域のコミュニティーに所属していない状態を意味しています。普段外出する方でも家族以外の人との対人関係が築けない状態はひきこもりの範疇に含まれており、不登校や退職などのイベントを契機としてひきこもりの状態に陥ることもありますが、一般的な家庭に育った場合であってもひきこもりになる危険性は孕んでいます。

  • 2022年8月9日
  • 2022年7月5日

心身症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

日本心身医学会によると、心身症とは「身体疾患の中でもその発症や経過に心理社会的因子が密接に関与することで器質的ないし機能的障害の認められる病態を指しており、基本的には神経症やうつ病など他の精神障害に伴う身体症状は除外する」と定義されています1)。一般的には、心理社会的なストレス要因が病気の発症や病状の増悪・改善に関わるとされている疾患には、過敏性腸症候群や機能性ディスペプシア、あるいは本態性高血圧症、アトピー性皮膚炎や疼痛性障害などが挙げられます。

  • 2022年7月21日
  • 2022年6月12日

脳膿瘍を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

脳膿瘍という病気は、細菌感染が契機となって脳内に膿成分が貯留する状態を指します。通常であれば、耳や鼻の耳鼻咽喉科領域における疾患や頭部外傷などを始めとして脳組織と隣接する炎症部位から感染巣が広がる、あるいは心臓や肺レベルでの感染所見が血流に乗じて脳部分まで到達して発症することもあります。本疾患に罹患すると貯留した膿成分によって脳実質が圧迫されて、膿瘍形成部位に応じて脳神経に関する多彩な症状が出現することになります。