CATEGORY

精神・神経疾患

  • 2022年2月6日
  • 2022年2月3日

まだ間に合う!?一過性脳虚血発作を予防するためにやっておくべきこと

一過性脳虚血発作とは、微小な血管病変によって一時的に脳が虚血状態となることで神経症状が引き起こされる病気です。 基本的には、本疾患では発症してから24時間以内に症状が改善するものを意味していますが、一過性脳虚血発作は脳梗塞の前駆症状とも考えられているため、今後更に深刻な脳梗塞を予防するためにも詳細な問診が重要であり各種精査を行うこともあり得ます。

  • 2021年12月12日
  • 2021年12月3日

不眠症を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

不眠症はひどくなれば仕事内容や運転中のコンプライアンスやあらゆる課題に対する思考能力にまで支障をきたすことになりますし、ひいては関連して肉体的あるいは精神メンタル的な健康問題を引き起こして状態悪化を助長させることもあるので要注意です。 もしあなたが今現在、だれかに「よく眠れていますか?」と質問されて、すぐに「はい」とはっきり答えられないのであれば、一度医師に相談してみましょう。 職場や家庭での不眠対処で色々試していても効果がまったく現れずに最悪な状態から脱出できないときには早期的に不眠症の専門医に相談しましょう。 そして、マグネシウム物質は代謝的な血糖値の調整、あるいは骨の健康、そして神経や筋肉の機能などを中心として体の多くの生理的役割に重要な貢献を果たしており、実は睡眠の質を向上させるのにも不可欠な役割を担っています。

  • 2021年12月8日
  • 2021年12月3日

偏頭痛を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

偏頭痛とは、吐き気や嘔吐、光や音に対して敏感になる症状をともなって、まるで拍動するような強い痛みが頭の片側や両側に生じ、生活に強い支障をきたすことがある頭痛です。 普段から飲酒を控えたり、寝すぎや寝不足を避けたりするなど、偏頭痛の誘因を減らすような生活の工夫をしていくことも、偏頭痛を予防するうえで重要な視点です。 偏頭痛の痛みは大変つらいものです。

  • 2021年10月20日
  • 2021年12月3日

自律神経失調症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

自律神経失調症とは自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって引き起こされる症状の総称です。 この疾患では、主に眠れない、疲れが取れにくい、頭痛、便秘、下痢などの症状が現れるほか、情緒不安定や不安感など精神的な症状も認められることがあります。 基本的には、本疾患を発症した場合には、普段の生活習慣の改善やストレスを効率的に発散するなど自己管理する手段も非常に重要とされています。

  • 2021年10月16日
  • 2021年12月3日

顔面神経麻痺にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

顔面神経麻痺は、顔面の筋肉を動かす神経に麻痺が生じる病気です。 この疾患は、大きく中枢性のものと末梢性のものに分けられ、中枢性のものは、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などを原因として発症する一方で、末梢性では、主にヘルペスウイルスの再活性化が原因となります。 原因の割合としては、統計学的に末梢性の顔面神経麻痺が大部分を占めています。 顔面神経麻痺は発症してから1週間前後かけて麻痺が進行していくことが多いです。 一方で、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、特に現代の人々における心身の健康のために欠かせない代表格が、「マグネシウム」です。

  • 2021年10月7日
  • 2021年12月3日

統合失調症を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

この病気は、幻覚や妄想を代表とする精神症状や意欲や意思など自発性に関する機能低下、ならびに認知機能が衰えるなどを主体とする精神疾患です。 主に好発時期として思春期から青年期にかけて発症し、男女間で概ね罹患率に性別差はみられないとされています。 通常では男性の場合に女性と比してより重症化しやすいことが知られています。 統合失調症を発症させる理由になり得る原因として日々の生活におけるマグネシウムの摂取不足が挙げられます。 特に、マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。

  • 2021年10月2日
  • 2021年12月3日

適応障害にならないためにマグネシウムを摂取する意義

適応障害の原因となる主なストレスとしては、まさに我々が過ごしている日常生活にあふれており、仕事や家庭、そして学校や病気など多種多様の因子が考えられます。 日常生活の中で、何かのストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が生じて過剰な身体反応が起こった状態を適応障害と呼んでいます。 つまり、適応障害では誰でも遭遇し得るストレスを体験することによって精神的ダメージを受けて適応できなくなります。