CATEGORY

整形外科的疾患

  • 2021年11月29日
  • 2021年12月3日

変形性頚椎症に伴う脊髄症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

多くの場合、50歳を過ぎて以降に加齢に伴って大きな変化が生じやすいことから本疾患は50歳以降に発症しやすい病気と考えられています。 そして、マグネシウムは生体内で様々な反応に関係する必須電解質のひとつであり、生体内ではそのほとんどが骨や筋肉などの組織に存在していると言われています2)。

  • 2021年11月22日
  • 2021年12月3日

歩行障害にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

歩くことは我々人間にとってもっとも基本的な能力の一つであり、歩行障害による生活上の制限や支障は計り知れずその予防策を知っておくことは有用と考えられます。 日常生活において歩行することは単に移動手段として捉えるだけではなく、体力不足や認知機能低下を回避する点でも医学的に一定の効果があると信じられており、まさに自分らしい快適な生活を送るために非常に重要な動作となります。

  • 2021年11月21日
  • 2021年12月3日

半月板を損傷しないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

日常臨床現場においては、「半月板損傷」によってひざ関節の疼痛や可動域制限が認められることは近年では多くなっています1)。 一般的に、半月板損傷という病気は膝関節の内部にある半月板と呼ばれる組織があらゆる物理的影響などによって損傷を受けて色々な障害を引き起こす疾患です。 通常では、半月板には膝関節部においてクッションのように衝撃を干渉させる役割、あるいは周囲軟骨組織の保護および安定化という点で重要な任務を担っています。

  • 2021年11月13日
  • 2021年12月3日

大腿骨頭壊死にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

大腿骨の一部分を構成している大腿骨頭は、股関節を形成する部位としてとても重要な役割を果たしています。 大腿骨頭は丸みを帯びた形状をしており、この大腿骨頭が寛骨のくぼみである臼蓋部分にはまり込むことで股関節は形成されています。 大腿骨頭壊死では、大腿骨頭への血流が十分量に循環されなくなり骨組織が死んでしまいます。

  • 2021年10月14日
  • 2021年12月3日

エコノミークラス症候群にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

エコノミークラス症候群とは、長時間にわたる飛行機への搭乗などによって足の血流が悪くなり、足の静脈のなかに血栓(血の塊)ができることによって、さまざまな症状が現れる病気を意味しています。この疾患における特徴的な症状は、突然の胸の痛み、呼吸困難や息切れ、咳や血痰です。重症の場合には、意識障害が起きたり、ショック状態となったりする恐れがあるとされており、放置すれば命にかかわることがあります。

  • 2021年10月12日
  • 2021年12月3日

骨粗鬆症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下して脆弱化して骨折しやすくなる病気です。 骨の強度が低下する主な要因としては、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏、加齢、運動不足などの生活習慣の3つが考えられます。 骨粗鬆症では骨折しやすくなるだけでなく、体全体の不調を招きかねない病気と捉えられています。 本疾患では薬剤治療が中心となりますが、食事や運動といった生活習慣の改善も重要な観点となります。

  • 2021年9月27日
  • 2021年12月3日

パーキンソン病の患者様がマグネシウムを摂取する意義

パーキンソン病には調子が良い時と悪い時があり、普段はある程度の自立生活を送っていた人がしばしば寝たきりや認知機能低下を来すことがみられます。 また、パーキンソン病に対する薬剤をきちんと服薬できずに、幻聴や幻覚、不眠や不穏といった精神症状が認められることがあります。 パーキンソン病の方は自律神経障害をきたし便秘傾向になり、また嚥下機能が低下しやすく誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があります。