CATEGORY

整形外科的疾患

  • 2022年3月25日
  • 2022年3月22日

特発性膝骨壊死症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

特発性の膝骨壊死は、いわゆる膝関節に接している大腿骨と脛骨の先端部にあたる組織が壊死してしまいます。 本疾患は変形性膝関節症と並んで、膝痛を抱えた患者様に多く認められる疾患であり、中高年層である60歳以上の女性に頻繁に起こる病気とされています。 いったん膝が骨壊死を起こすと、歩行時に膝が痛む、座っている状態から立ち上がる際に膝痛を自覚する、あるいは階段の上り降りする動作がつらくなるなどの症状を認めることが知られています。

  • 2022年2月28日
  • 2022年2月3日

肉離れを予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「肉離れ」という言葉をよく耳にする方も多いと思いますが、一般的には身体の筋肉の一部が外力などの影響を受けて断裂した状態を指しています。 通常では、スポーツや運動競技をしている際中に肉離れは起こりやすく、急激な筋肉の収縮が引き起こされることによって発症するとされています。

  • 2022年2月25日
  • 2022年2月3日

手指骨骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

手指骨骨折とは、いわゆる手指部の骨に引き起こる骨折病変を意味しており、一般的な他の部位の骨折と同様に転倒などの外傷を契機に手指部に強い外力が加重されることで発症します。 本疾患は他の部位の骨折病変に比べて軽視されやすい傾向にありますが、新鮮時に適切な治療を実施しないとその後に指の変形や関節の拘縮などの後遺症を合併することもあるので十分に注意が必要であると言われています1。

  • 2022年1月22日
  • 2022年1月18日

下腿骨骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

下腿骨を万が一にも骨折した際の治療は、骨折が生じている部位が骨幹部なのか近位部あるいは遠位部なのか、骨折部のずれの程度、あるいは皮膚の外に骨が露出しているかどうかなどのあらゆる要素によって大きく異なります。 実際の治療場面では骨折の状態を正確に判断することによって保存的療法や手術療法を選択しますし、仮にコンパートメント症候群が疑われる場合には迅速に筋膜切開術を施行して除圧することになります。

  • 2022年1月6日
  • 2021年12月15日

肋骨骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

肋骨骨折を引き起こす原因は机やタンスの角に胸部を打撲するなど軽度の外力によるもの、あるいは交通事故や高所からの転落といった多大な外力によるものが考えられます。 また、単純にゴルフのスイングなどの動作で体を捻ることによって発症することもありますし、基礎疾患などによって繰り返される咳行為で肋骨が骨折することもありえます。

  • 2022年1月5日
  • 2022年1月18日

化膿性脊椎炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

化膿性脊椎炎は、主に中年者から高齢者に発症し、必ずしも背部痛や腰痛など全身症状が明確に示されないこともまれでは無く、加齢による腰痛としてしばらく経過観察されて診断が遅れることもありますし、不明熱として確定診断に至らずに難渋することもあります。

  • 2021年12月28日
  • 2021年12月15日

腰椎圧迫骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

腰椎圧迫骨折という病気は腰椎の椎体に外部から圧力がかかることで生じる骨折であり、我慢できないほどひどい腰痛症状を訴える人が多く、特に高齢女性に多く見られる疾患であると言われています。 基本的な治療方法は、コルセットで腰部を固定して日常生活においても姿勢を矯正する、または症状が強い際には安静を保持するなどの保存療法が実践されますが、対症療法でも治療効果が十分に得られないケースや神経症状が顕著である場合は手術療法も考慮されます。

  • 2021年12月22日
  • 2021年12月15日

横紋筋融解症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

横紋筋融解症とは,筋肉を構成している骨格筋細胞に融解や壊死変化が起こって筋肉の成分が血液中に流出してしまう疾患を指します。 ミオグロビンが大量に血中に流出する際に腎臓に大きな負担がかかるために尿が出にくくなる、あるいは茶褐色の尿が排出されるなど腎機能障害やミオグロビン尿が認められることがあります。

  • 2021年12月19日
  • 2021年12月15日

反応性関節炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

反応性関節炎という病気は、通常では様々な感染症を罹患した後に起こる関節炎を主体とした炎症性疾患です。 つまり、反応性関節炎の症状が現れる数週間程度前に下痢嘔吐症状や尿道炎所見などを代表とする細菌感染のサインが認められるのが一般的な流れになります。