×
M先生
AUTHOR

M先生nathan+1@invigoo.jp

■専門分野救急全般、外科一般、心臓血管外科、総合診療領域■プロフィール平成19年に大阪市立大学医学部医学科を卒業後に初期臨床研修を2年間修了後、平成21年より大阪急性期総合医療センターで外科後期臨床研修、平成22年より大阪労災病院で心臓血管外科後期臨床研修、平成24年より国立病院機構大阪医療センターにて心臓血管外科医員として研鑽、平成25年より大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、平成26年より救急病院で日々修練しております。■メッセージ私はこれまで消化器外科や心臓血管外科を研鑽して参り、現在は救急医学診療を中心に地域医療に貢献しております。日々の診療のみならず学会発表や論文執筆等の学術活動も積極的に行っております。その他、学校で救命講習会や「チームメディカル:最前線の医療現場から学ぶ」をテーマに講演しました。以前にはテレビ大阪「やさしいニュース」で熱中症の症状と予防法を丁寧に解説しました。大阪マラソンでは、大阪府医師会派遣医師として救護活動を行いました。

  • 2022年11月26日
  • 2022年10月5日

副鼻腔気管支症候群を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

副鼻腔気管支症候群は、慢性的に何度も繰り返して上気道と下気道の領域に炎症を惹起する病気です。本疾患や慢性気管支炎、気管支拡張症など気管支周囲に慢性炎症が継続する病気においては、慢性副鼻腔炎など上気道における炎症所見も合併しやすいと言われています。

  • 2022年11月17日
  • 2022年10月5日

前立腺癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

前立腺癌は、前立腺細胞が無秩序に増殖を繰り返す疾患であると認識されており、加齢と共に罹患率が増加する病気です。2016年には本邦における前立腺癌の罹患数は男性におけるがん疾患の中で第一位と推定されるにもかかわらず、その死亡者数は2014年に減少に転じるなど近年において前立腺癌の疫学的状況に変化を認めています1)。

  • 2022年11月2日
  • 2022年10月3日

乳腺線維腺腫を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

皆さんの中で風呂に入浴中に偶然胸に触れた際に、奇妙な違和感やくるくると動く丸い小さなしこりに気がついた経験はありませんか。医療機関を受診して検査を受けると、そのしこりは「乳腺線維腺腫」と呼ばれる腫瘍であることも少なからず認められます。