×

マグネシウム不足をチェック!この症状が当てはまると不足しているかも

マグネシウムは、人間が生きていくために必要なミネラルです。しかし、人間は体内でマグネシウムを作り出すことができません。そのため、多くの人はマグネシウム不足に陥っています。

 

マグネシウム不足で生じるさまざまな症状

マグネシウムは、体内の300以上の酵素反応に関わっています。そのため、マグネシウムが不足すると、体にさまざまな不調が出てきます。今回は、マグネシウム不足によって起こるさまざまな症状のうち、代表的なものをご紹介します!

1. 偏頭痛(片頭痛)

頭痛は、マグネシウム不足で生じる代表的な症状の1つです。

なぜ、マグネシウムが不足すると偏頭痛がおこるのでしょうか?
それはマグネシウムが、血管の筋肉をゆるめ、血管を柔軟にするはたらきをしているからです。マグネシウムが不足すると、頭の血管は柔軟性を失います。そして周辺の細胞に炎症がひろがることで、頭の痛みが生じるのです。

マグネシウムが不足している状態で、気圧や気温が変化したり、ストレスを感じたりすることで、より頭痛のリスクが高まります。

マグネシウム不足を解消することで、偏頭痛を軽減できることが、数多くの研究からわかっています。ある研究では「マグネシウムをより多く取ることにより、偏頭痛の頻度や持続時間が減る」ことが示されました。

また、アメリカ偏頭痛財団(The American Migraine Foundation)は、「副作用のリスクがない最も効果的な偏頭痛対策」として、マグネシウムの積極的な摂取をあげています。※参照元

2.アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎が引き起こされる原因の1つに、マグネシウム不足があるとわかっています。

アトピー性皮膚炎は、さまざまな要因が重なってひきおこされます。さまざまな要因とは、ハウスダストやダニ、自身の汗などによる皮膚への刺激、そしてストレスなどです。これらの要因は多くの方がご存知だと思いますが、あまり知られていない要因として、マグネシウム不足があります。

数多くの研究で、マグネシウム不足がアトピー性皮膚炎につながることがわかってきました。
実験によって、
マグネシウム不足が、皮膚炎を引き起こす
マグネシウムが不足すると、皮膚のかゆみを自覚しやすくなる
ことが示されています。つまり、マグネシウム不足が、つらい炎症とかゆみの一因となっているのですね。

マグネシウムを食事から取り入れるようにしていても、アトピー性皮膚炎の改善にはつながりにくいことがあります。なぜなら「体内のマグネシウム量は十分」であるのに、「皮膚レベルではマグネシウムが欠乏している」ことが多いからです。

アトピー性皮膚炎の方は、肌からマグネシウムを取り入れることが効果的な対処法だといえるでしょう。マグネシウムは、皮膚のバリア機能の回復を助けてくれます

3.腰痛・坐骨神経痛

腰からお尻まわりに電撃のように痛みが走るタイプの腰痛をお持ちの方は、マグネシウム不足が原因かもしれません。

腰からお尻まわりに電撃のようにはしる痛みのことを、坐骨神経痛といいます。坐骨神経痛は、腰の辺りから足先にまで伸びている神経の束が、物理的に刺激されることで引き起こされます。

これまでの数々の研究において、マグネシウムの摂取量が減少すると、坐骨神経痛に陥りやすいことが示唆されています。

 

4.筋肉の痙攣(けいれん)、慢性筋肉痛、こむら返りなど

「足がよくつる」「体の特定の部位がピクピクと痙攣(けいれん)を起こす」「ずっと筋肉痛が続いている」
これらの症状は、マグネシウム不足が原因かもしれません。

マグネシウムが不足すると、どうして筋肉の異常につながるのでしょうか?
これは、筋肉の仕組みを知ることでわかります。

筋肉は、マグネシウムとカルシウムの相互作用によって動いています。筋肉を縮ませる役割をカルシウムが担当しています。一方で、筋肉を伸ばす役割を、マグネシウムが担当しているのです。

ですから、カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れると、筋肉のスムーズな伸び縮みができなくなります。それが、筋肉の痙攣(けいれん)、慢性筋肉痛、こむら返りといった症状につながるのです。

こむら返り、筋肉の痙攣(けいれん)、慢性筋肉痛には、即効性がある効果的な対処法があります。それが、肌からマグネシウムを取り入れることです。食事からマグネシウムを取り入れるよりも、短い時間で、狙った場所の症状を解消できるためです。

患部に直接マグネシウムを届けられるアイテムは、このページをご覧ください。

関連記事

マグネシウム (Mg) はヒトが生きる上で欠かせない栄養素です。不足すると、様々な体調不良につながってしまいます。必要であるにも関わらず、体内でマグネシウムを作り出すことはできないため、外から取り入れなければなりません。マグネシウムは肌[…]

経皮マグネシウム

あなたは大丈夫?マグネシウム不足をチェック!

ここまでで、マグネシウム不足がさまざまな症状を引き起こすことをお伝えしてきました。ここからは「自分はマグネシウム不足しているのか?」をチェックできる項目をお伝えします。

ここまでにあげた症状(頭痛、アトピー、腰痛、筋肉の痙攣など)をお持ちの方で、以下のチェック項目に1つでも当てはまる場合は、マグネシウムが不足していると考えて良いでしょう

「軽いマグネシウム不足」をチェックする項目

この中の項目のうち、いくつかが当てはまっていたら、体内のマグネシウムが不足しているかもしれません。症状が深刻になる前に、なんらかの対策をしてください

  • まぶたがよくピクピクと動く
  • 首の後ろや肩が、はっている
  • 心身の疲労感がある
  • 月経前にむくむ、乳房が痛むなど

「深刻なマグネシウム不足」をチェックする項目

この項目が当てはまったら、深刻なマグネシウム不足の可能性が高いです。深刻なマグネシウム不足は、多くの心血管系疾患を引き起こします。すぐになんらかの対策をするのが良いでしょう。

  • 肌が乾燥し、かゆみがある
  • 手足がヒリヒリしたり、しびれる
  • 喉がとてもかわく
  • 異常な疲労感や眠気がある
  • お手洗いに行く回数が多い
  • 原因不明の体重の減り
  • 視界が、日によってぼやける
  • の治りが遅い
  • 極度の空腹がある

まとめ

今回は、マグネシウム不足が引き起こす症状やそのメカニズムを解説してきました。また、マグネシウムの不足を確認できるチェック項目もご紹介しました。

厚生労働省の調査によって「多くの日本人は、1日に必要な量のマグネシウムを摂取できていない」ことがわかっています。※参照元

ですから、少しでも「自分はマグネシウムが不足しているかも…」と思った方は、食事から摂取することを意識したり、マグネシウムを摂取できるアイテムを取り入れるなどしてみてください。

マグネシウムを取り入れるアイテムは、このページをご覧ください。

関連記事

マグネシウム (Mg) はヒトが生きる上で欠かせない栄養素です。不足すると、様々な体調不良につながってしまいます。必要であるにも関わらず、体内でマグネシウムを作り出すことはできないため、外から取り入れなければなりません。マグネシウムは肌[…]

経皮マグネシウム

著者について

Website | + posts

早稲田大学理工学部卒業後、栄養関連の商品開発・情報編集などに15年以上従事。固定観念に囚われず、世界の新しい情報をいち早くキャッチし、既存のデータと組み合わせて新しい付加価値を生み出すことを心がけている。
趣味は、欧米の臨床試験データや研究論文を貪り読むこと。