TAG

慢性胃炎

  • 2022年2月13日
  • 2022年2月3日

慢性胃炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

慢性胃炎を引き起こす主たる要因はヘリコバクターピロリ菌による持続感染であると考えられており、多くの場合には免疫機能が十分に発達していない幼少期に初期感染すると言われています。逆に成人になってから感染する例はほとんどないと伝えられており、これらの背景には衛生状況が大きく関与していると考えられていますが、現代の我が国の衛生環境の高水準から推定すれば今後ピロリ菌の感染率は低下していくことが予測されます。