TAG

感染性腸炎

  • 2022年9月19日
  • 2022年8月30日

感染性腸炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

感染性腸炎という病気は病原微生物が主に人体の腸管内に侵入したのちに増殖して下痢や腹痛などの症状を引き起こす疾患です。細菌やウイルスによって発症する感染性腸炎は病原体が増殖する腸管の場所によって、大きく小腸型と大腸型に分類されて、その感染部位によって自覚される症状がある程度決まると言われており、特に下痢症状はほぼ必発です。