TAG

尿道腫瘍

  • 2022年8月13日
  • 2022年7月7日

尿道腫瘍を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

一般的に、尿道腫瘍には良性と悪性の2種類があり、比較的よく遭遇する尿道腫瘍のひとつに良性腫瘍である尿道カルンクルがあります。尿道カルンクルは通常であれば閉経後女性に発生する尿道部の良性腫瘍であると言われています1)。尿道カルンクルは尿の出口である外尿道口の6時方向に形成されやすい腫瘍であり、高齢女性に罹患する方が多いとされていますが、特に有意な症状がない限りは積極的な治療を必要としません。そして、これまで積み重ねられてきた知見から、マグネシウムの欠乏が急性心筋梗塞や脳血管疾患などの生活習慣病に加えて尿道腫瘍を含む腫瘍性疾患の発症などに関与していることが判明しつつあります。