×
TAG

味覚障害

  • 2022年10月5日
  • 2022年9月27日

味覚障害を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「味を感じにくい」、あるいは「変な味がする」など味覚の変化として自覚しやすい「味覚障害」は、一般的に高齢者に多く認められる症状ではありますが、ストレスや偏食などの影響に伴って若年層でも引き起こすことがあります。年間24万人の患者が味覚障害を事由にして医療機関を受診すると言われており、高齢化が進むにつれて味覚障害自体がフレイルを引き起こす原因になることから、今後にかけて味覚障害における診療ニーズはますます増加していくと考えられています1)。