×

急性うっ血性心不全を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

【はじめに】

一般的に、急性うっ血性心不全とは心臓が悪いために、身体中に水分がうっ滞して急激に息切れやむくみが起こり、だんだん症状が悪くなり、生命を縮める命に直結する病気であり、その原因や自覚症状は人によって多種多様です。

急性うっ血性心不全は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、そして糖尿病や脂質異常症、高血圧といったいわゆる生活習慣病全体によって心腔内に血液を充満させ、それを駆出するという心臓のあるべき機能に障害が生じた結果、様々な症状を呈します。

そして現在のところ、いろいろな症状に対してマグネシウムを適用する方法に関して数多くの臨床的な研究が行われています。

マグネシウムの欠乏が高血圧や心筋梗塞症、糖尿病、脳血管疾患、腎疾患の発症に関与していることが分かってきており1)、マグネシウムというミネラルは種々の生体機能に重要な役割を果たしていることが理解できます。

最近では複数のミネラルやビタミンを同時に補うことができるサプリメントによってマグネシウム成分を摂取する人も多く存在しています。

今回は、急性うっ血性心不全にならないためにマグネシウムのサプリメントを摂取する重要性などについて説明します。

【第1章】急性うっ血性心不全とは?

急性うっ血性心不全とは、体の中で血液が滞留したために、肺やほかの臓器などに静脈血が滞っている状態を指しており、主に息切れや動悸、激しい咳、手足のむくみ、倦怠感、夜間の頻尿、多尿など様々な症状が出現します。

心臓のそれぞれの部屋を分けている逆流防止弁が障害される弁膜症、心臓の筋肉に異常が起こる心筋症、そして拍動のリズムが異常になる不整脈など様々な疾患が急性うっ血性心不全を引き起こす原因として知られています。

例えば、心臓弁膜症を発症すると心臓に過度な負担がかかりやすくなるため、心臓の機能は徐々に低下していき、急性うっ血性心不全を始めとして全身に多彩な症状を呈するようになります。

また、危険な不整脈になると、脳への血流が不十分となり、失神やふらつきを起こすことがありますし、不整脈により心臓が十分量の血液を全身へと供給できなくなれば息切れや呼吸困難などの急性うっ血性心不全の症状が出現することも考えられます。

【第2章】急性うっ血性心不全にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

薬剤を用いた薬物治療は、心不全治療の基本となるものであり、息切れや呼吸苦などの症状を改善する、そして心不全が悪くなって入院することを回避して死亡率を下げる目的で実践します。

急性うっ血性心不全の状態になるとレニンやアンジオテンシン、アルドステロンなどのホルモンが大量に分泌されて、体内に水分とナトリウムが貯留する結果として、息切れや浮腫などの症状を呈しますので、利尿薬を使用することでうっ血を改善することを期待します。

また、左心室の収縮機能が低下することで発症する急性うっ血性心不全の場合には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)、あるいは交感神経の緊張を抑えるベータ(β)遮断薬、アルドステロン拮抗薬などを活用します。

そして、これまでに数々の研究で、マグネシウムに関する代謝が高血圧、脂質代謝異常、虚血性心疾患や不整脈、そして心不全などの循環器疾患の成因と病態に関与している可能性が指摘されてきました2)。

マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。

最近では必須ミネラルの栄養素である「マグネシウム」が慢性的に摂取不足に陥っている人が増えていると頻繁に聞かれます。

マグネシウムは脳や骨格筋のみならず、心臓においても重要な生理学的役割を果たしていると信じられています。

生命の基礎ミネラルとも言えるマグネシウムが不足すると、様々な体調不良を引き起こし、心機能が低下して急性うっ血性心不全の罹患などに繋がる可能性が伝えられています。

日々の中でサプリメントを摂取する重要性は徐々に周知されており、成人に関してはマグネシウム(クエン酸マグネシウムや塩化マグネシウム)を大体400 mg/日程度摂取することが推奨されています。

マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。

通常では、サプリメントの容器には摂取量程度しか記載されていないことが多いため、飲むタイミングはいつが望ましいのか迷ってしまう人も多いです。

基本的には、いつどのようにサプリメントを飲んでもいいのですが、まずは食後に1日の目安量を分けて飲んでみることをお勧めします。

【まとめ(おわりに)】

心臓機能のなかでも、どの働きが、どのような原因で、どの程度、急激に低下しているのかなどの要素によって、急性うっ血性心不全の種類や重症度はさまざまです。

急性うっ血性心不全は高血圧や動脈硬化などに関連している生活習慣病を長期に罹患することによって引き起こされることが多いため、普段から食生活や運動習慣を整えて、規則正しい生活を送ることを意識して継続することが重要となります。

また、急性うっ血性心不全を引き起こす可能性を有する虚血性心疾患、弁膜症、不整脈、心筋症などの有無を適切に評価して、万が一異常があれば、専門医療機関を受診して原疾患に応じて精査加療されることを推奨します。

そして、普段あまり意識することがなくても、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、現代人の心身の健康のために欠かせないもののひとつが、「マグネシウム」です。

マグネシウムは体内で最も重要なミネラルとも考えられており、マグネシウムは生体内の約300種類の酵素をサポートする補助酵素としての役割も果たしていることは周知の事実です。

したがって、日々の食事内容もさることながら、サプリメントでの栄養摂取をうまく活用してマグネシウムの日常的な取り方を工夫することによって急性うっ血性心不全にならないように有意義な生活を送りましょうね。

今回の情報が少しでも参考になれば幸いです。

引用文献

1)Altura BT, Alutura BM. Withdrawal of magnesium causes vasospasm while elevated magnesium produces relaxation of tone in cerebral arteries. Neurosci Lett 1980; 20: 323-327.
DOI  https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7443079/

2)建田 早百合, 羽根田 俊, 中村 泰浩, 石田 裕則, 小川 裕二, 菊池 健次郎:慢性透析患者の動脈硬化および虚血性心疾患の成因に関わる血中イオン化マグネシウムの意義. 日本透析医学会雑誌. 1999 年 32 巻 3 号 p. 175-184
DOI  https://doi.org/10.4009/jsdt.32.175

著者について

+ posts

■専門分野
救急全般、外科一般、心臓血管外科、総合診療領域

■プロフィール
平成19年に大阪市立大学医学部医学科を卒業後に初期臨床研修を2年間修了後、平成21年より大阪急性期総合医療センターで外科後期臨床研修、平成22年より大阪労災病院で心臓血管外科後期臨床研修、平成24年より国立病院機構大阪医療センターにて心臓血管外科医員として研鑽、平成25年より大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、平成26年より救急病院で日々修練しております。

■メッセージ
私はこれまで消化器外科や心臓血管外科を研鑽して参り、現在は救急医学診療を中心に地域医療に貢献しております。日々の診療のみならず学会発表や論文執筆等の学術活動も積極的に行っております。その他、学校で救命講習会や「チームメディカル:最前線の医療現場から学ぶ」をテーマに講演しました。以前にはテレビ大阪「やさしいニュース」で熱中症の症状と予防法を丁寧に解説しました。大阪マラソンでは、大阪府医師会派遣医師として救護活動を行いました。