×
TAG

子宮頸癌

  • 2022年1月24日
  • 2022年1月18日

子宮頸癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

子宮頸がんは早期の段階で自覚症状が出現することはほとんどなく、かなり進行してから不正性器出血や悪臭を伴う織物などのサインが認められるようになります。子宮頸がんは主に性行為を介してヒトパピローマウイルスに感染することで引き起こされる疾患であるため、性行為の際にはコンドームを使用する、あるいは不特定多数との性行為を控えるなど普段から意識して心がけることが重要です。